タグ別アーカイブ: 作ってみた

【改造】200円でUSB電源(電池不要)なミニルーターを作ってみた【100均】

daiso-jikeshi-custom01

 今回はひさしぶりに改造でもしてみようと思う。というのも100円ショップのセリアでUSB フラワーファン(卓上扇風機)を見つけたときに、ふとこう思った

「もしかして中身のモーターをダイソーの字消しに移植すればUSB電源でも使えるのではないか?」

追記:モーターを検証してみました

次の記事:100円ショップのいろいろなモーター(改造200円ミニルーター検証)

関連記事:

続きを読む

ダイソーの100円の耳掛け式ミニヘッドホンを改造してみた

daiso-headphone-custom01

 100円ショップのダイソーを歩いていると上記のようなヘッドフォンが売られていたので買ってみた。最近の100均グッズはデザイン性がよく、

さらにこちらの耳掛け式なら装着したときの負担が比較的に小さいのでよさげだと思ったのだが、肝心の音質のほうが安心のダイソークオリティだったのが非情に残念である

関連:ダイソーの100円耳掛け式ミニヘッドホン【SpuSpu.jp】

daiso-headphone-custom02

そこで今回はこの絶望的な音質をちょっとでも改善しようといろいろ頑張ってみたので今回はそのレポートをやっていこう。

なお改造にははんだゴテを利用してやけどの危険があり、また失敗でただのヘッドフォンがただのゴミになるリスクもあるため基本自己責任でおこなうこと。なるべく安全にやりたいのなら万全の準備を整えて、ものを複数個用意しておくといいだろうか。

続きを読む

【raspbian】5000円以下で買える超小型PCをさわってみた【ラズベリーパイ】

raspberry piをデスクトップPCとして使ってみる

raspbian02

 前回は5000円以下で買える名刺サイズのsingle board computer(シングルボードコンピューター)のraspberry piをメディアセンターとして動画再生に使用してみたが、一応パソコンということなので推奨OSのRaspbian Wheezyを普通に使って見ることにする。

raspbianはLINUX系OSのdebianというOSを元にラズベリーパイ用に作られたもので、基本的にはLINUXでdebianなのでlinux系のソフトをインストールできる。

 仮にみかん魚はubuntuぐらいしか触ったことのないリナックス初心者のため基本手探りでのレポートとなるのであらかじめご了承いただきたい。それではレポートを始めよう

関連記事

参考記事 5000円前後で買える名刺サイズの小型PCを触ってみた

続きを読む

ラズベリーパイをメディアプレイヤーにしてレトロモニターで映してみた

raspi-mp01]

 このまえにraspberry pi(Raspberry Pi)を手に入れたので、推奨のOSをいれてとりあえず動かしてみたが、今回はその続きでなくRaspbmcというラズベリーパイをメディアセンターにして動画や音楽を再生するための機器にしてレトロモニターにつなげてみたので今回はそのレビューをしていこうと思う。

参考記事

raspi-mp02

 RaspbmcはXBMC(X-Box Media Center)というX-BOXでメディアファイルを再生するために作られたものをラズベリーパイに移植したもので、USBやHDDから写真や動画、音楽を再生できるほかネットにつなげれば、プラグインの追加でYOUTUBEの閲覧だ。

ただ今回はこちらの環境の関係でうまくネットにつなげられてないので純粋にメディアプレイヤーとして使うことにしよう。

それではレポートをはじめよう

続きを読む

【簡単】100均グッズでペンタブの芯を作ってみた【安価】

pentabu-shin01.jpg

100円ショップのものだけでも作れるペンタブレットの替え芯の自作方法

PCでイラストを描くための道具

  ペンタブレットとはパソコンで手描きできるように使うペンと板のことで、PCでイラストを描くのなら必要になるものだ。この前紹介してくれたfirealpacaのような無料のお絵かきソフトであってもペンタブを使うことが前提になっている。

 みかん魚はたまにイラストを描いていて普段はアナログでラクガキをすることが多いが、それとは別にデジタルで描く場合もある。その際には当然ペンタブレットを使っていて、ペンタブはWacomのintuos3で普通の大きさのやつを使っている。

関連記事 無料のお絵かきツールでイラスト描いてみた

ペンタブの消耗品

pentabu-shin04.jpg

 ペンタブはアナログとは違いインク切れを気にせずに半永久的に使うことができる。ただそんなペンタブでも長く使い込んでいるとペン先がガリガリと磨り減っていき、最終的には交換する必要がある。

ただこの換え芯意外と高いのだ。

pentabu-shin02.jpg

 そこでみかん魚はペンタブの替芯を自作している。自作ペン先は綿棒を使ったものが主流だが、主にここでは割り箸や竹串などの木製関連の素材をつかった替芯の制作になる。

使い心地にが素材によって異なるが、現状は特に問題なくつかえている。 ただこれらの方法は他の人が使っても問題なく使用できるといった保障はできないので、自分も作って見ようと思うのであればあくまでも自己責任でおこなうこと。

それではレポートを始めよう。

 メーカーの替芯以外を使用した場合、ペンタブ本体やペンが破損する恐れがあります。自作をした芯をしようする場合はくれぐれも自己責任でお願いします。 続きを読む