タグ別アーカイブ: 100均

【改造】200円でUSB電源(電池不要)なミニルーターを作ってみた【100均】

daiso-jikeshi-custom01

 今回はひさしぶりに改造でもしてみようと思う。というのも100円ショップのセリアでUSB フラワーファン(卓上扇風機)を見つけたときに、ふとこう思った

「もしかして中身のモーターをダイソーの字消しに移植すればUSB電源でも使えるのではないか?」

追記:モーターを検証してみました

次の記事:100円ショップのいろいろなモーター(改造200円ミニルーター検証)

関連記事:

続きを読む

ダイソーの100円の耳掛け式ミニヘッドホンを改造してみた

daiso-headphone-custom01

 100円ショップのダイソーを歩いていると上記のようなヘッドフォンが売られていたので買ってみた。最近の100均グッズはデザイン性がよく、

さらにこちらの耳掛け式なら装着したときの負担が比較的に小さいのでよさげだと思ったのだが、肝心の音質のほうが安心のダイソークオリティだったのが非情に残念である

関連:ダイソーの100円耳掛け式ミニヘッドホン【SpuSpu.jp】

daiso-headphone-custom02

そこで今回はこの絶望的な音質をちょっとでも改善しようといろいろ頑張ってみたので今回はそのレポートをやっていこう。

なお改造にははんだゴテを利用してやけどの危険があり、また失敗でただのヘッドフォンがただのゴミになるリスクもあるため基本自己責任でおこなうこと。なるべく安全にやりたいのなら万全の準備を整えて、ものを複数個用意しておくといいだろうか。

続きを読む

ダイソーに売っている窓用防犯警報器

100kin-keihouki01.jpg

100円ショップに売っている部品取りに役立つ警報器

 ピエゾマイクを作っているとき防犯ブザーからも圧電素子をとれることをおぼろげに覚えていたが、すっかりとわすれていたので、100均のダイソーに売っている窓用の防犯用警報器についてのレビューをおこなっていこうと思う。

100kin-keihouki02.jpg

 最初にも言ったとおり防犯ブザーの類のものからはピエゾピックアップの自作で使用しているピエゾ素子を回収できるほか、オーディオセレクターで使用したスイッチや磁気スイッチ?などの部品をとることができる。詳細は後述

関連記事


100kin-keihouki03.jpg

商品の構造はいたってシンプルでLR44のボタン電池を3つ入れた状態で電源をONの状態では

100kin-keihouki04.jpg

上記のもうひとつの部品を本体から離れればアラームが鳴る

100kin-keihouki05.jpg

 付属品のボタン電池がひっついていることからわかるように中にはちいさなフェライト磁石が入っている。どうやら中に簡単な磁気センサー?が入っているようで本体から磁石を話すとアラームが鳴る仕組みのようだ。

仮にこの四角いものを使わなくても他の磁石、例えば磁力が強力なネオジムをなどで代用することもできる。 また窓や引き戸用に限定しなくても、例えば磁石と本体と磁石に引っ付くネジ用のワッシャーと釣り糸などのワイヤーを組み合わせれば、簡易な電子鳴子のような使い方ができる。

続きを読む

100均のものでスマホ用スタンドを作ってみた

100均のありあわせでつくるスマートフォンスタンド

sumaho-sutando01.jpg

 今までにつくったセリアやダイソーに売っているような三脚を改造したものやスマホ用に作った三脚固定用ホルダーやらの使い勝手がいまひとつでイマイチだったが、組み合わせてスマートフォン用のスタンドとして使ったら結構便利だったのでレポートしておこう。

 今回は「作ってみた」というよりは「作ってみ6たものを組み合わせてみた」が正しいだろうか。意外と動画をみたりするのに便利なアクセサリーなのでおすすめである。 それではレポートを始めよう

関連記事

 

続きを読む

とっても簡単!音素材づくりに100円ショップのもので特殊なマイクを作ってみた

piezomic17.jpg

以前にwm61a(ECM)を使ったコンデンサマイクを自作したが、今回はまたそれとは違った特殊なマイクを作ったのでレポートしたいと思う。

100円ショップにはいろいろなものがあるが、え、これはマイクなの?と思う人もいるかもしれない。写真に写っている丸っこいものは圧電素子(ピエゾ素子)といわれるものだ。

本来は警報機や時計のアラームのブザーとして使用され、電子部品屋によく販売されているものであるが、実は圧電素子は特殊な用途のマイクとしても活用することができる。

実用されている例としてはギター(エレキに限らない)のピックアップとして活用されている例がある。

使い方は至って簡単、前に紹介したどこでもスピーカーと同じ要領で、ピエゾ素子を音が良く響く固体にくっつけて使用する。 見た目のお粗末さとは裏腹にノイズが少なく、振動を直に感知するタイプなので音を良く拾う。

105円とちょっとの安い買い物でコスト以上のパフォーマンスを発揮する(というよりいろいろ楽しいことができる)のでわりとおすすめできる一品である。

 ギターの録音にピックアップの代用として使われること以外にも効果音(SE)やサンプラーの音ネタづくりにはいい。

とにかく物体の振動を直に拾うことができるので打楽器や弦楽器だけでなく、金属の水道管に流れる水の音などの耳を引っ付ければ聞こえてくるような新鮮な音を期待できるだろう。

またピエゾ素子は100円ショップでも簡単に入手することができ、作り方も今までの電子工作のなかでははるかに簡単な部類ですぐできるので、初心者であっても興味があればやってみてもいいかもしれない(ただし自己責任で)

ではレポートを始めよう

続きを読む