ラズベリーパイでテスト用のWEBサーバーを構築してみる

ブログ改装のためのテストサーバー構築までのレポート

raspi-wp01

 製作レポートではたまにテンプレートやスタイルシートの修正や改良をおこなっているが、実は直接メンテナンスモードにせずにいじっているので一時的に修正中の崩れたレイアウトになったりといろいろしている。

とくに今度はスマートフォン用に適応したテンプレートの制作を考えているが、わりと大きな修正が必要になるためさすがに評価用にテスト用のサーバーを作っておこうかと思ったしだいだ。

raspi-wp02

 今回はwordpressを動かすのに必要なものを入れるところまでになる。というのもいろいろと苦戦してなかなか思うように進めていないからだと言い訳をしてみる。おかげで現在もwordpressではまっているところだ。

ということでレポートをはじめよう。

参考記事 5000円以下で買える超小型PCをさわってみた

基本環境のインストール

raspi-wp03

 今回の内容のほとんどがターミナルやテキストの修正といった文字とにらめっこがほとんどになる。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

インストールをする前にかならず本体のアップデートを済ませておく。アップデートしないでインストールを始めるとよくインストールに失敗するので

apacheのインストール
$ sudo apt-get install apache2

 正式はApache HTTP Serverと言うらしい。このソフトをいれればとりあえずWEBサーバーになる

raspi-wp04

正常にインストールできていれば、ラズベリーパイからはhttp://localhostで

ルーター経由でLAN内であればもう繋ぐことができ、http://ラズベリーパイのIPアドレスでt worksと書かれたページを開ける

raspi-wp07

raspbianからラズパイ本体のIPアドレスを調べるには” ifconfig ”とコマンドを入力すれば調べることができる。

ただ初期設定だとDHCPという起動毎にIPを自動で割り当てられて変動する設定になっているのでIPを固定化する設定に書き換えたほうがいいかもしれない

DB関係のインストール
$ sudo apt-get install php5
$ sudo apt-get install mysql-server

ワードプレスに必要なデータベースとそれらに必要なPHPというプログラム言語を使えるようにする必要がある。mysqlサーバのときにパスワードを聞かれるがここは何も入力せずに設定する。

$ sudo apt-get install php5-mysql php5-curl
$ sudo apt-get install php5-gd
$ sudo apt-get install phpmyadmin

みかん魚的にはmysqlのままだとかなり使いにくいのでphpmyadminという管理ソフトをいれておく

raspi-wp05

途中で自動設定先を聞かれるのでapache2を選択

raspi-wp06

またphpmyadminに入るためのログインパスワードの設定画面がでてくるので設定しておく。そのあとも何度ほどか似たような画面がでてくるがそこは空白でいい。

仮にみかん魚はすべて空白にしてログインできなくなったのでやむ終えずターミナルからmysqlを呼び出してパスワードを再設定している。

phpmyadminを表示させる設定

raspi-wp01

 phpMyAdminはブラウザから表示できるのだがこのままだと404エラーを吐くので

Include /etc/phpmyadmin/apache.conf という記述を /etc/apache2/apache2.conf の最後あたり追記しておくと

http://ラズベリーパイのIPアドレス/phpmyadminで

上記のようにログイン画面を開くことができる。


と今回はここまでになる。一見するとたいしたことのない内容なのだが、いくつかのエラーや表示されない等ではまって意外と時間がかかってしまった。まぁ現在もワードプレスではまっているのだがそれはまた次の記事で話すとしよう。

次の記事 ラズベリーパイにワードプレスをいれたみた

それでは、またの機会に…。

 


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>