kindle fire HD(ver7.46)をルート化してgoogle playを入れてみた

kindlefirehd18

 前回kindlefire-HDは通常google playを使うことができないと言ったが、実はインストールすれば使えるようにできる。

前提条件としては端末をroot化(管理者権限の取得)する必要があるので、少しリスキーで安易にお勧めできるものでもないが、やってしまったので一応レポートしておこう。

前回の記事 Kindle fire HDを買ってみた

root化する前に

 root化(管理者権限取得)をおこなうと、メーカーの正式なサポートは受けられなくなる。また最悪の場合、OSの書き換えに失敗してデータを破損していまい、

電源が入らなくなって端末そのものが使えなくなる(文鎮化)の可能性があるので改造を自分でやろうと思ってあるのであればあくまで自己責任でおこなうこと。

kindlefirehd-root01

なお端末のバージョン7,46でおこなう

前準備

Android SDKをインストール

 kindle fire HDをroot化するにはandroidアプリの開発ツールであるAndroid SDKをパソコンにインストールしている必要がある。みかん魚はスクリーンショットを取り込むときに既に導入済みであるが、OSごとに違うので少し異なるので各自でいろいろ調べてやること。

仮にみかん魚の環境はwindows 7 64bitでおこなったが、ユーザー名を日本語が含まれていると正常にインストールできなかったので半角英数字を使うといいだろう

root化するためのファイルのダウンロード

 こちらからroot化するための実行ファイル(Root_with_Restore_by_Bin4ry_v33)をダウンロードする。ファイルが見つからなければ、検索するなりすればいいだろうか

kindle fire HDのADBドライバをインストール

 こちらからkindle fire HDのADBドライバ(Kindle_Fire_HD_ADB_Drivers)をインストールしておく。前提としてAndroid SDKをインストールしている必要がある。

kindlefirehd-root02

つぎに端末とPCをUSBで繋いでそのまえに端末の設定のセキュリティからADBを有効にするをオンにしておく。

 kindlefirehd-root04

ドライバがインストールしたら、端末とUSBを接続してkindle fire のドライバを認識しているかどうかをデバイスマネージャーで確認する

Kindle fire HDをroot化する

kindlefirehd-root15

 前準備が終わったら、パソコンとキンドルを繋いでパソコン(windows7)からRoot_with_Restore_by_Bin4ry_v33のファイルからRunMe.batをクリックして実行する。

kindlefirehd-root05

ブラウザが立ち上がったら、

Make a choice:で1を選び、いろいろなメッセージがでたら

kindlefirehd-root07

Kindleの画面がこのような表示になっていると思うので

kindlefirehd-root08

下画面からデータをバックアップを選ぶ

kindlefirehd-root16

そうしたらPCの画面に戻り何かのキーを押して

kindlefirehd-root10

また再びキンドルの画面にもどり「データをバックアップ」をタップ

kindlefirehd-root17

そしてまたPCにもどりキーを押すと言った具合に行ったり来たりを繰り返すとroot化できる。

kindlefirehd-root14

root化されているのかを確認するためにwindowsの場合はコマンドプロンプトを開き

adb shellと入力して

suと入力して上記のような画像になればroot化されている。

google playをインストールする

 

kindlefirehd18

ここまで来るととりあえず文鎮化の心配はしなくていいだろう。とりあえずGoogle Playをインストールしてみる。

とりあえずRooted Kindle Fire HD with working GAPPS and Play Store(XDA)より

の3ファイルをダウンロードしてキンドルのストレージないに放り込んでおく

※元サイトからダウンロードできないようなのでアップ、ファイルは都合でzipになっているので解凍して使うこと

ES File Explorerを使用してアプリを手動インストール

 

kindlefirehd-root11

アマゾンアプリストアからES file Explorerをインストールして、端末から手動でGoogle Playアプリをインストールする。

kindlefirehd-root12

左上の端末アイコンからオプションを呼び出して

kindlefirehd-root13

Rootエクスプローラをオンにしてもう一度タップする

 kindlefirehd-root18

するとメニューがでてくるのでRWマウントをタップ

kindlefirehd-root19

/systemをRW(書き換え可)にする

GoogleServicesFrameworkのインストール

kindlefirehd-root28

最初にダウンロードしたファイルのはいったフォルダでGoogleServicesFramework.apkをタップしてインストール。

vending.apkをシステムファイル内にコピー

kindlefirehd-root20

次に何でもいいのでアイコンをロングタップ(長押し)して、Vending.apkを選択してコピーを選ぶ

kindlefirehd-root21

そうしたら上のmntをタップしてディレクトリをひとつ上にもどって

kindlefirehd-root22

Systemフォルダ

kindlefirehd-root23

 appフォルダと移動して

kindlefirehd-root24

下メニューの貼り付けを選らんでコピー

kindlefirehd-root25

貼り付けたvending.apkをロングタップして下メニューの他を選んでからプロパティを選ぶ(画面はダミー)

kindlefirehd-root26

そうすると権限の変更ボタンをタップして

kindlefirehd-root27

そうしたら上記をのようになっていれば完了。うまくいっていればアプリにGoogle playストアが追加されている。

kindlefirehd-root30

Gplay.apkをタップしてしてgoogleplayのアップデートすれば完了だ。なおアカウント登録は再起動してからのほうがいいらしい。

kindlefirehd-root29

ためしにニコブラウザをインストールして使ってみる。特に問題なく使用できるようだ。端末はカスタムrom(kinology)まで導入できているので、次回はカスタムromの導入するまでの過程を書く予定。

では今回はここまでにしてしておこう。

それでは、またの機会に…

 


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。