Kindle fire HD ver7.4.6にカスタムrom(kinology)をいれてみた

kindlefirehd-kinology01

 前回、Kindle fire HDをroot化してgoogle playをインストールしてみたがそこからさらにカスタムromのKinology3.2導入してみた。

kinologyはkindlkefirehdの標準OSをカスタマイズして使い勝手をよくしたようなもので、通常どおりのkindleサービスが使えることに加えてgoogle playが最初からインストールされていることや、完全ではないが他android端末と同じように設定を変更できるようになっている。

 ただしこちらは前提条件として前回のroot化ができていること。ただしパソコンから直接コマンドを入力する必要があり、得られる成果のわりに文鎮化するリスクが以前よりさらに高くなっているため安易におすすめはしない。万が一やってみようと思う場合も自己責任が第一原則としてのぞむこと。文鎮化しても泣かない

前回の記事 kindle fire HD(ver7.46)をルート化してgoogle playを入れてみた

 なお万が一文鎮化しても、ファクトリーケーブルというものを使用すれば復旧できるようだが、みかん魚は残念ながら一度も文鎮化していないので現状は紹介することはないだろう。

ではレビューを始めよう

Bootloaderをキンドルにインストール

ではさっそくキンドルにカスタムロムを、と言う前に先に端末にkinologyをインストールできるようにするためにブートローダーを入れる必要がある。実のところカスタムROMを入れるよりもこちらのほうがややこしく、むしろブートローダーをいれてしまえば後は楽である。

なおインストール作業はこちらを参考におこなっている

kindle fire hdのバックアップをとる

いきなりはじめるのではなく必ずバックアップを取っておく。方法はUSBでPCに繋いだ状態でコマンドプロンプトを起動

adb shell su -c "dd if=/dev/block/mmcblk0boot0 of=/sdcard/boot0block.img"
adb shell su -c "dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/boot of=/sdcard/stock-boot.img"
adb shell su -c "dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/recovery of=/sdcard/stock-recovery.img"
adb shell su -c "dd if=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/system of=/sdcard/stock-system.img" # This will

とそれぞれのコマンドを入力してから

adb pull /sdcard/boot0block.img
adb pull /sdcard/stock-boot.img
adb pull /sdcard/stock-recovery.img
adb pull /sdcard/stock-system.img

と入力して/sdcard内にイメージファイルを生成しているので、データを別の場所に移して保管しておく。

なお最後の”stock-system.img”はうんともすんとも言わないと思うがフリーズしているわけではなく、生成に時間がかかる(5分くらい)ので気長に待つこと。

いくつかのファイルをダウンロードしてKindleの内部ストレージに移動

 以下のファイルをダウンロードして/sdcard内に移動させておく

Stack http://goo.im/devs/Hashcode/tate/stack

kfhd7-freedom-boot-7.4.6.img http://goo.im/devs/Hashcode/tate/kfhd7-freedom-boot-7.4.6.img

TWRP Recovery http://goo.im/devs/Hashcode/tate/kfhd7-twrp-2.6.3.1-recovery.img

PCにつないでコマンドプロンプトを起動

PCのwindowsならコマンドプロンプトを開き、以下コマンドを打ち込んでいく

Stackを/stytemにコピー

adb push stack /sdcard/
adb shell su -c "dd if=/sdcard/stack of=/dev/block/platform/omap/omap_hsmmc.1/by-name/system bs=6519488 seek=1"

自動更新スクリプトの停止

adb shell su -c "mount -o remount,rw ext4 /system"
adb shell su -c "mv /system/etc/install-recovery.sh /system/etc/install-recovery.sh.bak"
adb shell su -c "mount -o remount,ro ext4 /system"

bootloaderモードにする

adb shell su -c "reboot bootloader"

kindlefirehd-kinology02

端末にいれたBootloderをインストール

fastboot -i 0x1949 flash bootloader kfhd7-u-boot-prod-7.2.3.bin
fastboot -i 0x1949 flash boot kfhd7-freedom-boot-7.4.6.img
fastboot -i 0x1949 flash recovery kfhd7-twrp-2.6.3.1-recovery.img
fastboot -i 0x1949 reboot

以上で端末が再起動されると思うのでうまくいっていれば

kindlefirehd-kinology04

起動時のキンドルのロゴが

kindlefirehd-kinology03

青色に変わるようになっていれば成功

kinologyのインストール

ここまでやってしまえばあとはブートローダーを起動してkinologyを入れるだけ、なおカスタムromは他にももう一種類あるようだが、そちらもブートローダーを導入するまでは同じらしい。つまり乗り換えたくなったらいつでも変えられるということらしい。

関連記事 【Androidタブレット】kindle fire hdにCyanogenMod10.1(CM10.1)を入れてみる【カスタムROM】

kinology3,2のダウンロード

kinologyは[ROM][KFHD7][7.4.6] ♦ Kinology 3.2ダウンロードから

Kinology-step1-boot-7.4.6.zip
Kinology-wipedata-backup.zip
Kinology-wipedata-nobackup.zip

Kinology-step2a-amazonos-7.4.6.zip
Kinology-step2b-amazonos-7.4.6.zip
Kinology-step2c-amazonos-7.4.6.zip
Kinology-step3-amazonos-updates-20131121.zip
Kinology-step4-kinology-3.2.zip
Kinology-step5-google-20131121.zip

Kinology-aio-3.2.zip

をダウンロードして/sdcard内に移動させておく

ブートローダーの起動

ブートローダーは起動時の青いロゴからキンドル本体の電源ボタンとボリュームの+ボタンを同時押しで起動できる。

kindlefirehd-kinology05

ブートローダーを起動できたら先にWipeから”Factory Reset” と ”Cache” から ”Dalvik Cache” “System”を消去して標準のキンドルのOSを削除。なお元に戻したいときは前もってとってあるバックアップのイメージファイルを焼き直せばいい。

ワイプが終わったら”Install”をタップしてkinology本体をインストールする

kindlefirehd-kinology06

インストールしたいファイルをタップする。今回はいろいろとめんどくさかったのでkinology-aioを一括でインストール

kindlefirehd-kinology07

画面ファイルを間違えているが下のスライド画面からシステムファイルにFlash(焼きこみ)。

kindlefirehd-kinology08

あとは気長にまって最後にreboot(再起動)を選んで

kindlefirehd-kinology01

kinologyの起動画面がでてくれば完了です。あといろいろと初期設定をいじる必用がありますが、そこは割愛。

では今回はここまでにしておこう。最初にも言ったとおりこちらの改造は少しリスキーなのであまりおすすめはしないが、それでもやってみようと考えているのであればくれぐれも自己責任でおこなっていただきたい。


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>