100均のものでギターのピックアップを作ってみた(シングルコイル方式)

elkg-pickup01

 あるときにエレキギターの音が欲しくなったので適当なものを組み合わせてでっち上げようとしたときに作ったものの話をしてみる。注意点としてはあくまでギターのようなものであってモノホンのギターの音ではないのであしからず(もちろん間違いなく生音ではあるが)

 無理やりエレキギターにする方法として以前に紹介した圧電素子(ピエゾ)を利用した方法があるが、今回はそれではなくコイルを巻いたものを利用して金属の弦の振動だけを拾ういわゆるシングルコイル式のピックアップだ。

またこちらは試作機のようなもので厳密には失敗作(ちゃんと動作はする)。なお材料は全て100均制

ではレポートを始めよう

製作過程

elkg-pickup02

まずは適当に厚紙を用意。一応動作はするがコレ自体が共振しやすい材質なのでちょっとでもちゃんとしたものを作りたい場合は固いプラスチックや金属を利用したほうがよい

elkg-pickup03

そこにダイソーのスチールの釘(磁石にくっつくやつ)を用意して

elkg-pickup04

適当な大きさに切断。釘は固く針金のようにはきれないが、ペンチをうまく使うとへし折る形で切断できる。仕上げに切り口は金属用のやすりで整えるとよし。今回は特にやってないが

elkg-pickup06

最後にもうひとつの厚紙を被せておわり。この部分はいわゆるホビンというもので間の釘の部分にコイルを巻きつけていく。なおコイルは適当に巻いてもちゃんときれいに巻いても人間が巻く分には普通それほど劇的な成果は得られないので適当に巻いても問題ない。

とくに神経質になるととんでもなく労力を使うので気楽にやったほうがいいだろう

100円ショップでのコイル入手方法

ホームセンターや学生向けの教材売り場にいけばエナメル線が入手できるが、あんなものではぜんぜん太くて長さも足りないのでそれよりもはるかに細いポリウレタン線(UEW)というものを利用する。

通常なら通販でたのまないと入手できないようなしろものだが、一応100円ショップのよくみられる既存の商品からとりだすことができる

elkg-pickup16

また接着はダイソーのエポキシ接着剤(10分硬化)を利用、前述どおりUEWは非常に細くてすぐに断線するので適度に接着させたほうがいい。エポキシ以外にはホットボンドを利用すると言うのも手

アナログ時計

 

elkg-pickup08

例えば上記(ダイソーで入手)のようなアナログ時計(デジタルではだめ)。

elkg-pickup09

中あけてみるとこのようにコイルがみつかる。こちらはとくに接着もされていないのでなにかの自作に利用するにはうってつけだ。ただかなり細いので慎重に使わないとすぐに切れてしまう。

またエナメル線のようにヤスリで削ったり火であぶったりする必用はなく、直接ハンダを押し付ければ熱で表面が溶けるので半田づけは楽だ。というよりヤスリや火を使うと結構な確立で断線する。

一度に大量の長さを確保できるが慣れてないと扱いが難しいものなのでもう少し太いものを利用したほうがいいだろう

elkg-pickup10

なお別の時計(キャンドゥに売っていたもの)からさらに細いものがでてきたが、こちらはハンダの熱でも焼ききれてしまうので自作用途ではおすすめはしない

手動発電式2LEDエコライト

elkg-pickup13

では太いものなら何がいいといえば、前回に紹介したエコライトあたりがいいかもしれない

elkg-pickup14

こちらは分解が少し面倒だが、比較的に太い銅線なので断線を気にせずにできるだろう

バッテリーチェッカー

elkg-pickup11

また以前だと100円のバッテリーチェッカーあたりにも比較的に太い銅線を確保できたが

elkg-pickup12

最近は非常に細いものに変わっているためにこちらもおすすめはできない

動作確認(録音)

elkg-pickup15

 

 最後に実際に音だししている様子を録音してみる(単純に音だしだけで演奏なし)。こちらは木板にピアノ線を張っただけのおそまつなものだ。なおそのままだと音が非常に小さかったのでDAW上でアンプシミュレーターを通している。

ピックアップのしたにはフェライト磁石が敷かれている。磁石は単純に強いものを置けばいいというわけではなくネオジムの場合だと感度が落ちてしまった

なお音声にはノイズがのっているが、これはさきほどいったとおりもともとの音が小さい(ピックアップの感度が低い)ものを無理やり増幅させているため(オーディオインターフェースのホワイトノイズを拾っている)。

これの改善方法は単純にもっとコイルを巻き数を増やすこと。仮に今回紹介したもの(100均のコイル)のほとんどを巻いた状態で上のとおりである。また弦の鉄芯の距離はスレスレまで近づけている。

ただこのノイズは波形ソフトやDAWのフィルターで消すこができるので完全な失敗作であるかといわれるとそうでもない


ということで今回はここまで、今後一応エレキギター(のようなもの)を作成する予定があるが記事にするかは不明

それでは、またの機会に…

 

 


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>