カテゴリー別アーカイブ: オーディオ関係

ダイソーの100円の耳掛け式ミニヘッドホンを改造してみた

daiso-headphone-custom01

 100円ショップのダイソーを歩いていると上記のようなヘッドフォンが売られていたので買ってみた。最近の100均グッズはデザイン性がよく、

さらにこちらの耳掛け式なら装着したときの負担が比較的に小さいのでよさげだと思ったのだが、肝心の音質のほうが安心のダイソークオリティだったのが非情に残念である

関連:ダイソーの100円耳掛け式ミニヘッドホン【SpuSpu.jp】

daiso-headphone-custom02

そこで今回はこの絶望的な音質をちょっとでも改善しようといろいろ頑張ってみたので今回はそのレポートをやっていこう。

なお改造にははんだゴテを利用してやけどの危険があり、また失敗でただのヘッドフォンがただのゴミになるリスクもあるため基本自己責任でおこなうこと。なるべく安全にやりたいのなら万全の準備を整えて、ものを複数個用意しておくといいだろうか。

続きを読む

ハードオフで埋もれていたUSAデジタルFMラジオ

usa-radio01

なにかカメラがホコリをかぶるほど久しぶりの紹介のような気もするが、きっと気のせいだと思うので気にせずやっていこう。

今回ハードオフでジャンク品を物色しているとこんなものがあったので紹介してみる。これは電池駆動で動くデジタルラジオで、別段珍しいものでもないが210円と値段も手ごろだったので入手した。

USAなレイディオ

usa-radio02

パッケージは全て英語で表記されていて日本用に作られていたものではないようで

USA! USA!

usa-radio03

特にパッケージにはUSAのマークがまず目にはいるじゃあ、これはもしかしてアメリカ産なのか?

usa-radio04

と思ったがもちろんそんなこともなく、いつもの中国産のようだ。どうやらアメリカで販売されているという表記のようだが本当にされていたのかは不明。

続きを読む

100均グッズなどでレトロなオーディオセレクター作ってみた

100円ショップを利用して作る木製のオーディオセレクター製作

retro-monitor02.jpg

 以前にスマホとPCのヘッドホンの抜き差しがめんどうだったので100均縛りでミニプラグ用のオーディオセレクターを製作したが、見た目があれなので今度はすこし高級っぽく見えるように塗装を施した木製のオーディオセレクターを作ってみた。

retro-monitor01.jpg

 基本的には前回と仕様や作り方はほとんど同じだが、今回は100均縛りではなくオーディオ分配器からステレオジャックを使用している以外はホームセンターなどで手に入るもので製作している。

retro-monitor03.jpg

 とりたてて違うところはこのトグルスイッチを利用したことだろうか。トグルスイッチには何かロマンみたいなものを感じているのと木製の組み合わせはなんとなく古めかしい感じがするというみかん魚の独断の偏見で「レトロな」と銘打っているが、

今までのスピーカーモニターなどのレトロシリーズとは違う番外編として扱っておく。

 仮にスピーカーでも使用はできるとおもうが、みかん魚はヘッドフォンでの使用を前提に作っているのできちんと動作するかは保障できない。

またこの回路だとPCのUSB電源からノイズをもろに拾うようなのでグランド側に何かしらの対策が必要かもしれない。

それではレポートを始めよう

はんだごてや木材カッティングをする際にけがをする恐れがあります。工作をするときは十分に注意して、自己責任でおこなってください。

前回の記事 【とても便利】100均グッズでヘッドフォンの抜き差しを不要にする簡単な方法【安価】 続きを読む

【とても便利】100均グッズでヘッドフォンの抜き差しを不要にする簡単な方法【安価】

streo-selctor01.jpg

100均縛りでヘッドフォン用のオーディオセレクターを作ってみた

 EVO 3Dを入手してからとりあえずネットラジオやニコニコ動画等を作業用として再生しながら使っているが、パソコンで音だしをするときにいちいちヘッドフォンのプラグを差し替えなければならずめんどうだったので ヘッドフォン用にパソコン⇔スマートフォン間をスイッチひとつで音声チャンネルを切り替えられるステレオセレクターを自作したので今回はそのレポートをしてみる。

streo-selctor02.jpg

表のステレオジャックにヘッドフォンやイヤフォンを差込む

streo-selctor18.jpg

ダイソーにも売っているミニプラグのステレオケーブルを使って

streo-selctor03.jpg

それぞれのAV機器に差し込めば

streo-selctor04.jpg

上面のスライドスイッチでそれぞれL,RチャンネルごとにそれぞれのAV機器に切り替えて使用できる。

junk-culture-square-icon2.jpg

 使い勝手は音声信号の切り替えが2パターンのみと切り替えられる数が少なめだが、その分余計な機能がなくシンプルなので意外と使い勝手がよい。

仮にヘッドフォン、イヤホン用となっているが、ステレオミニプラグであればスピーカー用のセレクターやスピーカーとヘッドフォンに自由に切り替えるといった用途でも使用できる。 なお使用した材料と簡単な作り方は以下のとおりだ。

高温のハンダごてを使用したりとやけどの危険があります。電子工作は自己責任でお願いします。

関連記事 セリアの100円アンプをステレオで使用する安くて簡単な方法 続きを読む

セリアの100円アンプをステレオで使用する安くて簡単な方法

- セリアの100均アンプステレオ化するために必要な自作改造 - 100kinampstka01.jpg

 セリアには105円で買えるアンプがある。アンプはモノラル専用なので通常ステレオで再生することができないのだが改造をほどこせばステレオ化することができる。

ネットでは回路を組み直すステレオ化改造がよくされているが、この方法は新たに電子部品を調達するのに手間がかかる。今回はそれよりも安価で楽な方法

- ステレオ → LR分離器 -

100kinampstka03.jpg

 方法はステレオミニプラグ(オス)からモノラルミニプラグ(メス)×2でL(左チャンネル)R(右チャンネル)に分岐させてからそれぞれに100円均アンプ→スピーカーの順に繋げばステレオで使用することができる。

HOSA ( ホサ ) / YMM261 サウンドハウス

ただ市販にステレオで分配されたケーブルは確認できてもLRに分離するものはほとんど確認できないので、100円ショップのダイソーに売っているステレオ分配器を改造して使用することにしよう。

100kinampstka04.jpg

この方法だとアンプをもうひとつ用意する必要があるが、近くに電子パーツ屋がない限りは取り寄せないといけない手間を考えると比較的楽にできるのでおすすめの方法だ。

ただやはり改造にははんだ付けが必要なためやけどなどのリスクがともない危険なので改造は自己責任でおこなうこと。

junk-culture-square-icon2.jpg

それではレポートに入ろう

改造に使用するはんだごては高温で危険です。電子工作は自己責任でおねがいします。

関連記事 【とても便利】100均グッズでヘッドフォンの抜き差しを不要にする簡単な方法【安価】 続きを読む