カテゴリー別アーカイブ: デジイチ動画

【デジイチ動画】絵の具と墨と水と【ニコニ・コモンズ】

【写真】 墨と水
【写真】 墨と水 posted by (C)みかん魚

※これはデジタル一眼レフカメラで撮影された動画素材の製作レポートです。

 カメラを手に入れて最初にしようと思ったことは水にインクをたらした際のインクと水の交わっていく様子がが複雑に動きをするので見ていて面白かったからである。 もちろんインク垂らした映像は私が最初ではなくかなり前から先駆者はかなりいる。

私は先駆者達の動画をみて、よし、パクっちゃおう。自分でもやってみようかとおもい至ったわけだ。  撮影機材に使用したのはデジタル一眼レフカメラである。

水を入れる透明な容器が必要だが、こういうのは普通水槽を使うのがセオリーだろうが、私は100均に売っていた透明の飲み物をいれる容器を使用した。貧乏症の性である。絵の具と墨は元からもっていたのでそれを使い、垂らすためにつかわれるスポイトを100均でついでに購入した。

bottle1

  で素材を撮影にはいるわけで、本当のところ撮影風景をみせたいところだが様々な事情で見せることができない。そこでどんな風に撮影していたのかをイメージしていただけるよう。

作者ががんばって絵にしてみた。作者は絵心がないのでなんとも言えないものを見ることになるが、そこはすみきった慈悲深い心でみてくれると信じている。

撮影風景ver1

 とりあえず水を入れた容器を机の上置いてカメラを三脚に設置しカメラを置いたた。さあ撮影だ!というわけにはいかない。ライトを設置する必要がある。

見た感じ十分見えているのだからちゃかんと写せるだろうと考えるだろう。だがカメラは想像以上に光に対してはデリケートだ。早い話ライトおかないとどうなるかというと。

-暗くてノイズまみれの映像ができあがる-

まぁ説明すると長くなりそうなのでそれだけ覚えておいてくれればいい。でコピー用紙はレフ版の代わりにつかっている。ライトスタンドだけでは光の量では不足してそうなのでちょっとでもそれを補おうとする悪あがきである。

それでカメラの電源をいれて画面で確認しながらそれぞれ設置したものの位置を変えたりして調整して、スポイトに墨や絵の具をいれて垂らして録画していった。最後できた動画はあげるまえに動画編集で見た目を調整してあげている。

まとめ

これを撮影しているころはまだカメラを使い始めて間もないころだったのでどう設定していいかわからない状態だった(今も不十分なところがあるが)のでノイズまみれなものができたりしました。今回の撮影の課題はノイズをどのように対処するか(もしくはノイズをださないようにするにはどうするか)でした。 今後とも発作的に作っていきこれからも素材をあげていく予定ですのでよろしくお願いします。

その後 墨と絵の具と水と2回目

該当素材

http://commons.nicovideo.jp/material/nc51397 http//commons.nicovideo.jp/material/nc51430 http://commons.nicovideo.jp/material/nc51648 http://commons.nicovideo.jp/material/nc52465 http://commons.nicovideo.jp/material/nc52527

【デジイチ動画】動画素材での使用機材【ニコニ・コモンズ】

 ニコニコモンズにちらほらといくつかの素材をあげている。それに関して小話をここではする。この素材をつくろうとおもったきっかけは一眼レフを手に入れたところから始まる。それがEOS kiss x5 という入門機であったが、いままで使っていたものが安物のコンデジだったせいか画質の違いに感動してそのとき頭の中がカメラでいっぱいになっていた。 このカメラしゅごいよおおぉぉ!! らめぇ、すごくギモヂイイィィ!! と夢中でマニュアルをむさぼるように読みふけながら、狂ったようにシャッターを押していたわけだ。その無計画に撮った写真をネットにばら撒きたいがために登録したのがフォト蔵である(ほかにもいろいろとあげています。)がこの話はまた別の機会に…  一眼レフを手に入れたのはべつに写真をとるためでなく、おまけ的についている動画機能に興味をもったからである。魅力的に感じたことはいくつかある。ひとつは60p撮影。フレームレート30やはたまた24なんていうフィルムの規格が主流の今日において、一秒間に60枚なんて需要があるのか?意味がないだろう。なんて思うかもしれないが、これの魅力はスロー再生にある。通常動画編集でのスロー再生ってのはデータを無理やりひきのばしている。1秒を30枚のところを2秒で30枚4秒で30枚という具合に一枚と一枚の時間の感覚を長くしてスローに見せているといった具合だ。当然スローにすればするほどカクカクがましてきて、コマ送りみたいな感じになってくる。だが一秒間に60枚あればどうだろう?これを2秒にひきのばしても30枚のときと同じくらいぬるぬる動いてくれる。

 またそれに加えて高画質であるということだ。一眼レフは素子が通常のビデオカメラよりも大きな素子を使っているので暗さにつよく、また面積の広さ的に写る絵の鮮明度が違う。  ほかにレンズを交換できることもあるが最大の利点は細かく設定ができることだろうか。焦点やしぼり、ホワイトバランスといったこと細かく設定ができることが結構メリットだと思う。当たり前だと思うかもしれないがホームユースのビデオカメラでは以外と融通の利かないことが多い。誰でも簡単に自動で設定する機能がついていても、任意で自分で好みに設定できるきのうがなかったりと融通が利かないことが多い。  なにかカメラメーカーの回し者みたいになってしまった。素材に関しての補足説明的なことをしようとおもったが話が長くなってしまったので、また次に。

ブログパーツ

ホログラム上のビー玉3
ホログラム上のビー玉3 posted by (C)みかん魚 Category:camera digital,canon,eos kiss x5,photo 中古カメラ・中古レンズの買取・下取はカメラのキタムラ