なんとなく映画紹介 「ロボコップ」

 まぁ説明するまでもないようなきもするが、殉職した警官を改造してロボット警官(ロボコップ)として活躍させるSFものの映画(参考WIKI)。監督はポール・バーホーベン。昔に何度も見たときの印象はなんかよくばらばらにされてうがうがといっていたところとかグロな描写が多い印象しかもっていなかったが、 あらためてみると世界観もものすごくカオスなできだとおもう。

警察が民間企業に買収されていたり、麻薬が大人はもちろん小学生くらいの子供にまで当たり前のように蔓延しているGTA(グランドセフトオート)顔負けの世紀末な治安だったりといろいろとひどい(最上級の褒め言葉)映画だと思う。今じゃ地上波では放送できないだろうなと思える過激さである。  仮にロボコップはに日本のロボットものの特撮(特に宇宙刑事もの、ギャバンとか)が参考になっているらしい


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>