100均の商品でレトロなスピーカーを作ってみた 製作編

100円ショップのものでジャンクな音がでるレトロスピーカーを作ってみた

Retrosp-ILUSTver3.jpg

 結構時間がかかってしまったが予告どおりスピーカーをつくったのでレポートをしておく。今回は外観にこだわっていろいろとやってはいるがあくまで百均スピーカー(魔改造)の音なので過度は期待はしないように。 あと自作するなら自己責任で、まぁ安物の寄せ集めなのでそんなに後悔とかはないと思うが

Retrosp02.jpg

関連記事 

とりあえず四角い箱を

Retrosp03.jpg

とにかくスピーカーは箱型である必要がある(独断と偏見による判断)。くわえて今回はレトロスピーカーということで木製がいいだろうかとショップをさまよってみて、セリアで以下のような木製のインテリア用の収納家具を発見したのでこれをエンクロージャーにして開発を進めていこうと決める。

Retrosp04.jpg

ニスを塗ってつやをだす

Retrosp05.jpg

 本当はこのままでもいいのだが、せっかくなのでなんとなく無駄な高級感が欲しかったのでニスを塗りこむ。ニスはダイソーでケヤキ色。

Retrosp07.jpg

ただ塗りこむのではなく一度塗ったあとでヤスリやクレ…研磨剤を使用して磨いて、もう一度ニスを塗り、また磨き等を繰り返し、ある程度光沢がでるまで繰り返して仕あげる。

Retrosp06.jpg Retrosp08.jpg

仮にこの塗装に結構時間をかけてしまっていることは内緒である。

スピーカーの (魔) 改造

Retrosp16.jpg

このままだとタイトルが「 木製のインテリアにニスを塗ってみた 」 になってしまいそうなのでスピーカーの説明にはいる。上の写真みたらわかるとおもうが魔改造で最終的にはこうなる。しかもこれは有効な方法かどうか分からないという折り紙つきだ。やったね

105円のスピーカーの分解、改造

Retrosp09.jpg

スピーカーは以下のものを使用している。これはだいぶ前に買ったものなので詳細は定かではないが、多分キャンドゥで購入したものだと思われる。 まぁこのスピーカーを分解してみると

Retrosp10.jpg Retrosp11.jpg

このようなものがはいっている(赤黒のラインはあとでつけたやつ)。これをスピーカーユニットと言って、ここから音がでているのだが

磁石(ネオジム、フェライト)の使用

Retrosp13.jpg Retrosp14.jpg

ネオジムとフェライト磁石とアイアンワッシャー、それにこれもキャン・ドゥやセリアに売っているヘッドフォンを分解していたら取れる金属の蓋?を用意。

Retrosp15.jpg

それら(ワッシャー以外)をスピーカーユニットとともに以下のように取り付け(透明のフィルムみたいなのはセロテープ)接着剤で接着する

Retrosp17.jpg

これはやらなくてもいいかもしれない。スピーカーユニットのコーン紙(黒い紙の部分)を切除しておく

Retrosp12.jpg

糸ダンパーを張る

Retrosp19.jpg

 作った改造ユニットにフェライト磁石をひとつ取り付けるなりして少し高くして箱の四墨に置いていき

Retrosp18.jpg

以下のように鉛筆でしるしをつけて

Retrosp23.jpg Retrosp24.jpg

そこに小さな穴を開けてごく少のねじを締めていく Retrosp26.jpg

で閉めたねじに糸をくくりつけてそぞれつなぎながらピンと張っていく ( 最終段階の写真と結び方が違うのはこのあと何度か失敗してやり直したから。仮にどのように結び方でもあまり結果は変わらないと思う )

スピーカー(磁石付き)固定用のワッシャー

Retrosp25.jpg

あとついでに木の真ん中くらいにワッシャーを取り付けておく

ミニフォーンステレオプラグの取り付け

Retrosp21.jpg

一般的にオーディオプラグと呼ばれているものイヤホンにしろスピーカーにしろだいたいこれが使われている。 仮に今回は別のスピーカーに使われていたケーブルを使用

Retrosp22.jpg

木箱背面に小さな穴を開けてそこにケーブルを通して玉結びをしてぬけないようにする

ケーブルとスピーカーの接続

Retrosp27.jpg

ケーブルの先端部分はライターなどで軽くあぶり、一番は半田づけかそうでなければ圧着端子を使ったりするのがいいが、今回はねじって絡めたうえでセロハンテープで止めるだけにしている。 USBなどの電気ケーブルにも言えることだが、100円ショップで売っているケーブル類は全体的に細く強度がないので被服部を削るときはヤスリをつかうよりライターであぶったほうが有効である。 まぁ扱いはめんどくさいので初心者ならホームセンターで切り売りしてるようなケーブルの使用をおすすめする

振動版>の発泡スチロールのスライス

今回はスピーカーユニットから直接おとを出すのではなく、振動部に発泡スチロールを貼り付けて伝達振動でスチロールから音が出るようにする。こうすることにより通常よりも低い周波数の音がでるようになる。要はスピーカーユニットの周波数特性そのものを変化させることができる。

自作スチロールカッターの使用

Retrosp28.jpg で振動版はなるべく薄くしたいので上記の道具を使うこれはスチロールカッターを自作したものになる。写真に写っている通りDCアダプターのジャックがありそこにさすとピンと張られたニクロム線に電気が通り熱をだす。 Retrosp29.jpg でスチロールを合板に接地して水平にニクロム線側に滑らせれば Retrosp30.jpg このようにスチロールをスライスできる。あとは木箱に納まるようにカッターで切っていく

かりにこの道具電源を入れるとニクロム線が伸びるのでペンチとドライバーでニクロム線をピント張りなおさないといけない。

総合的にみると以下の道具は使いづらいどころか使用すること事態をおすすめしないのでご注意されたし。

仕上げとか

スチロール振動板をのせる

Retrosp16.jpg

あとはこの状態から上に発泡スチロールを乗せればいい。 その際SPユニットの銀色のところにスポンジゴムなど(防音用スキマテープと称して売っている)を乗っけて

Retrosp31.jpg

スチロールには糸とスポンジゴムに接着するするように糊を塗っておく あとは表の蓋を作って終わりである。

スピーカーボックスの蓋の作成

Retrosp33.jpg

こういうのが売っているので

Retrosp34.jpg

このように加工する。仮にあける穴の大きさによってスピーカーからでる低音の大きさに左右されるので、これと四つの小さな穴(たぶんバッフル穴)を追加して調整している。 あとは木箱と同じ要領でニス塗り塗りして、 貼り付けしたりとかしていけば…

Retrosp32.jpg

このように完成品になる。仮に表面には黒くて薄い布と網戸のアミを組み合わせたものを貼ってある。あとやっぱりニス塗りに時間がかかったのは内緒。 次の記事 評価編 それではまたの機会に…


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>