コンデジやデジイチで小物を撮影して、スマホで簡単に画像編集してみた

- カメラで撮影、スマホで編集 - sumahobutudori03.jpg

 前回にスマートフォンのスマートフォンで物撮りから画像編集までをひととおりやってみたが、今回は撮影を従来のコンパクトデジタルカメラやデジタル一眼レフカメラを使用して、パソコンを介さずに直接スマホにデータを写して画像を編集してみた。

 前回と違いは本来パソコンでする作業をスマートフォンでやったことで、単体でカメラを使うのでスマホの仕様にふりまわされることなく自由にカメラを選ぶことができる。

必要なものはマイクロSD用のSDカードアダプターで、大抵マイクロSDカードを買えばついてくるものなので入手はかなり容易だろう。今回スマートフォンはwifi運用しているauのHTC EVO 3Dを使用する。

junk-culture-square-icon2.jpg

前回の記事 スマホのカメラで小物を撮影して、簡単に編集してみた

SDカードを共有して使う

cameratosumaho06.jpg

スマートフォンとデジタルカメラとのデータのやりとりは最もシンプルな方法を使う。というのもとても簡単でスマートフォンに使われている外部ストレージとして使用しているSDカードをそのまま使用する。

cameratosumaho07.jpg

ただ手持ちのauのHTC EVO 3Dは取り外しが少し面倒で、裏側のカバーを外してから

cameratosumaho08.jpg

バッテリーを外してからでないと、マイクロSDカードを外すことができない。まぁデータ読み書き中に取り外すとカードが破損してしまうのであたりまえといえばあたりまえの措置だが、一回一回SDカードを取り外す際にスマホの電源を落とさないといけないのでちょっとした手間である。

cameratosumaho09.jpg

マイクロSDカードはSDカードアダプターでデジカメに装着すればいいだろう。仮に円滑にデータ通信が出来る方法がいくつかあるのでそれは後述する。

rps20130531_201517_987.jpg rps20130531_201448_778.jpg

とりあえずEOS kiss x5とoptio e90を使用し撮影して撮影した。方法は前回とおなじ環境で模造紙を下地に20Wの蛍光灯二つをライトに使いおこなっている。

スマホのアプリで画像編集

cameratosumaho01.jpg

基本的な編集は前回と同じAviaryを使用して画像編集をおこなう。作業工程はほぼ同じなので省略

Aviaryのフォトエディターは(無料)

by Aviary, Inc. 評価:4.7(152077)

cameratosumaho02.jpg

ただファイルのやりとりはアストロファイルマネージャーを使用している。

アストロファイルマネージャー(無料)

by Metago 評価:4.4(352544)
画像のリサイズ

cameratosumaho03.jpg

 また出来上がったファイルサイズを小さくするためにリサイズする必要があったのでReduce Photo Sizeをしようして画像サイズを小さくしている。

Reduce Photo Size(無料)

by shoozhoo 評価:4.3(3888)
完成品

cameratosumaho04.jpg

Eos kiss x5

cameratosumaho05.jpg

Optio E90

 以上で完成となる。やはり使い慣れたカメラを使用しているので手早く編集ができたように思える。

カメラ遊びの拡張ツールとしてのスマホ

sumahobutudori06.jpg

改造したUSBカメラ + 自作レンズ

 全体的な感想としてはスマホのカメラ機能を使うのも悪くないが、普段カメラを使っているのならそちらをつかったほうがいいのではないかと素直に思う。特に手持ちのEVO 3Dに限っていえば使い勝手がいまひとつだ。 ただスペックはわりといい機種なのでカメラだけ別に用意して画像編集をスマホでおこなうのがよさそうだ。

その他スマートフォンとカメラとの通信手段

流石にSDカードの共有はいろいろと問題がありそうなので他の手段を紹介しておこう

Wifi SDカードを利用する

 まずEye-fiをはじめとするWIFI機能を搭載したSDカードを使用することだ。これらは画像データを自動でスマホやPCに送るものやメディアサーバのように無線を利用してアクセスするタイプなど様々ある。

wifi SDカードリーダーを利用する

またwifiでデータ通信をおこなうSDカードリーダーがある。SDカードを使用してメディアサーバーのように使用できる。Eye-fiとそんなに変わらないような気もするが、通常のSDカードを利用でき、LANケーブルでモデムに繋ぐだけでWIFI環境が構築できる小型無線LANの機能を搭載したものもある。

 

USB接続のカードリーダーの注意点

 もうひとつの選択肢としてUSBのカードリーダーを使用するという手があるが、これには注意が必要で「USBホスト機能」がスマートフォンに搭載しているかを確認する必要がある。

仮にEVO 3DはUSBホスト機能は搭載されていないのでUSB接続のカードリーダーなどは使用できないので注意しておこう。


では今回はここまでにしておこう。それでは、またの機会に…


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>