100円ショップに売っていたブロアー

100kinblower02.jpg 100kinblower05.jpg

カメラやPC機器に空気をシュッシュするもの

 デジイチのお手入れやレンズについたホコリを吹き飛ばすのに使うブロアーがダイソーに売っていたのでレビューしてみる。

ブロアブラシという先端にブラシつきのものが前から売られていたが、ものが小さくエアーの強くなかった。100均で通常のブロアーをみるのは初めてだったのとりあげてみた。

100kinblower01.jpg

その他いろいろ

100kinblower03.jpg

ダイソーのPC機器のクリーニング関係の置き場においていたブロアブラシ。先端に黒いブラシがついていたがどっかにいってしまった。小さいので出せるエアーは小さい。

100kinblower04.jpg

普段は主にカメラ屋に売っていたブロアー(真ん中)を使用している。比べてみるとそんなに大きな違いはないがダイソーのブロアーはゴムの質が悪いのかさわり心地が悪く、押し出される空気の強さも少し弱いようだ。

それでも105円でブロアーが買えるのでお得な買い物だといえるだろう。

では今回はここまでにしておこう。それでは、またの機会に…


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

100円ショップに売っていたブロアー」への2件のフィードバック

  1. 菜梨

    いつも情報ありがとうございます。とても重宝しています^^
    デジカメのセンサーにホコリが入るのは致命的なのでブロアーつかうところ、ブロアーにホコリが入ってしまったら逆効果なので、それを防ぐフィルターなどが市販のには付いていたりします。100均のにはまさかそんなの付いてないですよね? それだけ注意が必要かと

    返信
    1. みかん魚みかん魚@管理人 投稿作成者

      菜梨さんコメントありがとうございます。

      先に結論だけ言いますと、菜梨さんが言うようにホコリを混入を防ぐようなフィルターの類はありません。もっと具体的な構造を言うと丸いゴムとプラスチックのノズルだけで構成された簡素なものです。このゴムの部分とプラスチックのノズルはちょっと力強く引っ張ると取り外すことができましたので、中の確認ができました。

       菜梨さんが言うデジカメがデジタル一眼レフやミラーレス一眼のような高価な部類のカメラを指しているのなら、特にイメージセンサーなどのデリケートな部分にはあまりおすすめしません。

       それと別の問題にゴムの品質に結構難があるようで、現在紹介したブロアーは若干手にべたついているような感じがします。実際のところブロアー表面にホコリがよくついてなかなか取れません。直接関係はないかも知れませんが、別の問題を新たに誘発したりもする可能性もないともいえないので一応

       仮に私はPC周りでエアダスター代わりに使ったり、改造カメラなどの別段何かあってもそこまで致命的ではないものなどに限定して使用しています。もしカメラに使うのならレンズのホコリを飛ばす程度にしておいたほうがいいでしょう。

      返信

菜梨 にコメントする コメントをキャンセル

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>