DXコンデンサマイクを検証してみる

STmicerec01.jpg

マイク自作からマイクスタンドづくりを経て、wm61aが無指向性であることに気づきあまり定位感えられなくね?と気づいたのはつい最近のことである。という事でマイクにさらに筒状のものと風除けのウレタンスポンジを組み合わせて擬似ガンマイクに仕上げDXマイクはさらにロボットぽくなった。

お試しに録画してみたが、なにかものたりないのでBGMをお借りしてきてやっつけで編集してみる。かなり久しぶりの動画編集なので少してまどっている。出来上がったものを冷静になって見てみると何故雨に花火なんだ?しけってしまうんじゃないかと思う。

お借りしたBGM(フリー素材) 君が眠るための即興曲 提供元 フリーBGM・音楽素材MusMus

使用した動画素材 花火 http://heyanashi.folder.jp/?p=78

これできっとステレオ感が増したぞと思ったが別にあんまり効果なかったのはないしょである。まぁそれでもマイクを指向性の強いものに変えればマイクスタンドはまだ使えるのでケースバイケースで使用すればいいだろう。

いちおう検証してみた

STmicerec02.jpg

ダイソーで売っていた105円のヒモコン(ひもつきの有線ラジコン)をマイクの前で走らせて、ちゃんとステレオなのかを検証することにした。

ミニカーを走らせた動画

影は結構いいかげんにやっているのでISOがたかめでノイズまみれだったり、音圧の調整をちゃんとしていなかったりするのでご了承。まぁ無指向性マイクは今回のような用途には向いていないのかもしれない。

それでもモノラルで録音しても同じということはなく特定の音を拾うのではなく空間全体の空気を録音しているといったようなステレオ感で、どちらかといえば環境音やフィールドレコーディングに適しているように思える。

実際にwm61aはイヤホン型マイクとして自作され、バイノーラル録音に使われている。 まぁちゃんとするのならば音は別に録音して編集のときにMIXしてしまうのでやはりカメラ用のマイクはあくまで補助的なものなのだろう。 ということで今回はここまでにしておく、それではまたの機会に…


The following two tabs change content below.
みかん魚

みかん魚

みかん魚は仄暗い水の底から這い上がってきたインスマス面の魚っぽい人、ポ○ョじゃないよ。好きな食べ物はサーモンのお刺身。あとここの管理人です。

DXコンデンサマイクを検証してみる」への1件のフィードバック

  1. 海苔好き

    無指向性マイクのセッティングは40~60cmほどマイクを離さなければいけませんよ。

    近くならば、40cm遠くになるに従ってマイクの間を離していくのです。

    あまりにもマイク間隔を離し過ぎると、中抜けになります。
    私が収録したもの。

    マイク間隔は50cm。
    うえの吊りマイクがそうです。
    https://www.youtube.com/watch?v=3cZF8m-JLQM

    返信

コメントを残す

名前、メールアドレス、ウェブサイト欄の項目は必須ではありません。名前欄を空欄のまま投稿にするとデフォルトネーム(名無し)が設定されます。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>